十国峠運営近況報告

十国峠運営近況報告

十国峠運営近況報告
さて、昨日もバイカーズパラダイス南箱根で出店でした。
今回も多くの皆さんにご来場いただきました。
ブースによっていただいた皆様、誠にありがとうございました。
出店は来月も続きます。

十国峠運営近況報告
そんな中、奈良カブミーティングの開催が決まりました。
イベント自粛が続いている中、運営としても自粛が解かれる中での開催決定は賛否の分かれるところですが、このまま自粛が続くこともいいことではないので英断だったと思います。

十国峠運営近況報告
十国峠運営近況報告

ただ、日程は十国峠開催予定日の翌日……。
いろいろなアンケートを取って、いろいろな案を出しつつ十国峠も開催の方向性を模索していて、まだ現状GOが出せてないのがあったので、もし早くこちらも開催に向けてGOサインを出して告知していれば、日程のニアミスは避けられたのかなと自戒しています。
(現実、飽和状態のカブイベント業界の中、各運営と日程のニアミスがないように情報交換はさせてもらっています。)
現実、蜜回避という意味での日程のブッキングは今年はアリなのかもと持論を展開していましたからね。

こうなったら東西お互い頑張りましょうということで準備していくしかないですね。
現状はおかげ様でイベント開催にも舵をとれそうな気配でこちらもなんとか開催の方向で計画も始まりました。

十国峠運営近況報告
今年の計画としては、カスタムコンテストのエントリー車両は100台。ガレージセールの店舗も間隔をあけて、屋外でも蜜回避の対策をとったレイアウトで計画しています。
運営スタッフの少人数化、開閉会式の中止、来場者多数の場合の入場制限など、ほかにも色々会場運営も大きく変化しています。

十国峠運営近況報告
また感染、感染拡大防止の観点から来場時には、体温測定をして37.5℃以上の方や、マスクの着用、消毒の徹底、来場時の連絡先の記入などの約束事が守れない方の入場をお断りすることも既に検討材料に入っています。
感染しないことが約束できないため、出来るだけのことをしていくことが運営にとって必要なことですね。

ちなみに今年の十国峠はメイン会場が屋外でも比較的閉鎖的な場所を選んでることもあり、例年トランポや来客の駐車場として利用していただいてる場所を広く使っていただいて多人数が集まっても蜜を回避して、ミーティングとしての楽しさはキープしていきたいなと思ってます。

ただ新型コロナウイルスの第二波の兆候も見え隠れし始めました。
予断を許さない状況ですが、今壊滅的な影響を受けている観光業、そしてホームである伊豆、箱根、十国峠を元気にするために我々もできる限りのことはしていきたいと思います。

近々、正式リリースもできるとは思うのでもう少しお待ちください。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

写真一覧をみる