十国峠運営の今後

十国峠がまさかの三度目の中止ということになり、十国峠運営の今後が危うくなりました。

ただでさえ昨年の事で出店者、参加者、メディアの信用を失い、今年はコロナ絡みで開催が危ぶまれる中での縮小開催を予定していたのにまさかの三度目の雨天予報での中止、言葉になりません。
会場サイドの十国峠レストハウスも特に今年は積極的に協力していてくれていただけに、今回の事は簡単にすみませんでしただけで済ませられることでもなくなってきました。

メディアに対してもそうです。
特にモトモトさんにはあれだけ長い間掲載していただいたのにまさかの中止。
さすがに合わせる顔がありません。本当に申し訳ない限りです。

十国峠運営の今後
そんな中、今年の十国峠運営絡みの年内イベントはあと二回。
まずは10/25のバイカーズパラダイス南箱根で開催される南箱根カブパラダイス。
この日はカフェカブの開催予定日。昨日の奈良カブに続き二度目のバッティングで、開催されれば集客に影響は出ることは必須。
その為、十国峠のカスタムコンテストの延期開催日が11/22大東温泉との両天秤で計画しています。
参加者がいなければ開催できませんし。
十国峠運営の今後はこの二つのイベント次第という気配になってきました。

まずは無事開催出来る事。
そして、十国峠の中止をバネに今まで以上に盛り上げる事。
それが十国峠運営の命題になってきています。
イベントの動向次第では年内で十国峠運営のイベントは終了になることも考えられます。

十国峠運営の今後

十国峠運営の今後
ただそんな中、中止の日にも来場していただいた方から励ましの声をいただきました。

「来年は自走で来ますから開催を楽しみにしてます。」
「今年の十国峠の苦労はきっと伝わっているよ。」
「来月の南箱根楽しみにしてます。」


そんな声を聞いてしまったら頑張らないわけにはいけません。
今回の南箱根カブパラダイスは後々に告知があったカフェカブの開催予定を踏まえて、カブ乗りの皆さんには勿論、カブに乗らないバイカーさんやカブに乗り始めたライトユーザーに様々なカブの楽しみ方を提案するイベントとして、企画準備をしています。

果たしてどこまで盛り上げられることができるのか。
カフェカブが開催されればカブ乗りの集客は厳しくなると思いますが、それでも皆さんにも是非来ていただきたいと思っています。

十国峠運営の今後
更にではありますが、この施設はGate Costを入場時にお支払いいただければ、入退場自由ですので、イベントの合間に十国峠にも足を運んでもらいたいですし、箱根界隈の観光も楽しんできてもらいたいところもあります。
ちなみに十国峠応援企画として、バイパラと十国峠を往復して十国峠を利用した参加者の皆さんにはステッカーも進呈しますからね。
是非お越しいただいて、イベントは勿論、伊豆箱根を楽しんでいただければと思います。

[⇒イベント詳細はこちら]


同じカテゴリー(雑談)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

写真一覧をみる